対話している哲学書を紹介します

「ソクラテスの弁明・クリトン 」 プラトン
哲学者ソクラテスがアテネ民衆や友人クリトンと行なった対話を記録した本。
数人から数十人で対話する哲学カフェとは人数が違いますが、ある意味、対話の見本。
ソクラテス自身は本を書いておらず、弟子のプラトンが書いたものです。
(プラトン自身も有名な哲学者ですが、この本はあくまでソクラテスについてのものです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です