土屋陽介さんの『僕らの世界を作りかえる哲学の授業 』について話します

東京メタ哲学カフェという、哲学カフェを主催している人や、主催に興味がある人の集まりがあって、僕も時々参加しています。

次回(1月19日)は僕が進行役となって、土屋陽介さんの本『僕らの世界を作りかえる哲学の授業 』をとりあげて話します。

3時間くらいかけてレジュメを作ったので、興味がある方、ぜひ来てください!

詳細はこちら https://mgasamihonma.wixsite.com/tokyometa

◎日 時  令和2年1月19日(日)午後1時30分~5時
◎場 所  新宿区榎町地域センター 地下鉄東西線早稲田駅1番出口 徒歩7分
​◎テーマ  『僕らの世界を作りかえる哲学の授業 』 (土屋陽介)を読む

◎内 容

いまや、子どもの哲学の第一人者と言ってもよい土屋陽介さんの『僕らの世界を作りかえる哲学の授業 』(青春出版社)を読みます。

そのなかでも、第4章「哲学対話における「哲学」とは何か」を中心に話したいです。

事前に少なくとも第4章をお読みいただき、次のことを事前に考えてきてください。

1 読んでわからなかった点。疑問点。

2 読んで重要だと思った点。重要だと思った理由。

3 「哲学対話における「哲学」とは何か。」という問いに対する自分なりの回答。土屋さんの見解との違い。

土屋陽介さんの『僕らの世界を作りかえる哲学の授業 』について話します” に対して1件のコメントがあります。

  1. いちろう より:

    やったあとの感想は、こちらに書きました。
    https://www.facebook.com/tokyometa/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です